メニュー

運動が体重も心も安定させる

[2021.05.11]
皆さんは最近、真剣に走った(走って逃げた)ことがありますか?食い逃げの話ではありません。久しぶりに子どもたちと鬼ごっこをやったという話です。もう中学生になった上の息子には本気で捕まってしまうのではないかという恐れと、本気で逃げ切って勝ちたいという大人げない発想により、本気で走って逃げまわってしまいました。自分が子どもだった頃はこういった遊びを毎日していたなあと思い出すと同時に、これはとても良い運動になると改めて思いました。だって人に(人でなくても笑)追いかけられでもしない限り、こんなに一生懸命走ることはないですよね。 1日1回15分鬼ごっこを会社で導入すれば、社員はみんな健康になれそうです。社員たちが童心に帰って管理職を追い回す!考えただけでもワクワクするじゃないですか。これに健康というオマケがついてくるなんて素敵だと思いませんか。みんなイライラすることがなくなり、会社や上司に対する不平不満も減るかもしれません。多くの社員がダイエットにも成功することでしょう。何を根拠にそんな能天気なことを、と思うかもしれませんが、運動にはそんな効果が期待できるのです。 GLP-1という痩せ薬があります。日本では糖尿病の治療薬としてのみ認可されていますが、欧米では安全で効果的なダイエット薬としても使われています。ダイエットは体重を減らすことより減った体重を維持することが難しいと言われています。食事をグッと絞って10%強体重を減らした後に、GLP-1、運動、GLP-1+運動で体重が維持されるかどうかを1年間観察した研究結果が最近報告されています。まず何もしないと減った体重の半分程度はリバウンドしてしまいます。運動しているとリバウンドは少しで済みます。GLP-1を使うとリバウンドせず維持できます。そしてGLP-1+運動ではさらに体重を減らすことができます。運動している群ではいずれも運動能の向上、脂肪量の減量と除脂肪体重の増加、さらには調子良いと感じることが増えています。痩せるためにGLP-1は大きな助けになりますが、運動はその効果をさらに高め、心の安定ももたらすのです。どうです?鬼ごっこも良さそうでしょ? ロカボならぬ「オニゴ」。流行らないかな笑
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME