メニュー

デトックスって本当?

[2022.02.19]
遅めのランチを食べようとさまよっていたある日、お腹もだいぶへっていたので、インドカレー(ナンにつけて食べるあの美味しいやつ)のお店に入りました。そこでガツガツとしっかり食べ、超が付くほどお腹いっぱいに。これは食べ過ぎたなーということで少し距離があるけど歩いて帰ることに。ところがその途中に美味しいケーキ屋さんが・・。ふらふらと吸い込まれるようにお店に入り、子どもの分とか言いながら自分の分もしっかり買ってまた帰路に。と、そこで目に入ってきたのは整体のお店の張り紙。「今のあなたに必要なデトックス」!!そうそう、それなーとまたふらふらと・・いやいやいや、違う違う、目を覚ませ俺! デトックスという言葉を近年あちこちで見聞きするようになっています。この言葉、医学的に使用したときには、体内に入った薬物などを除去するという意味になりますが、一般的には「体に溜まった”毒”とか”老廃物”を洗い出してきれいにしましょう」といった意味合いで使われているようです。しかし人体に溜まる毒って何?水銀とかヒ素?老廃物って出ていかないものなの??・・・実際のところデトックスという記事で具体的な毒物を挙げているものは少ないように思います。それでもなんとなく日々汚れが体に蓄積していっているような気がして、デトックスという言葉につい反応してしまいます。確たる効果はないものの、なんとなくにおわせるという時にはとても便利な言葉です。 デトックスの効用を謳うものは数多くあります。水をたくさん飲む、スムージーや酵素ドリンクを飲む、断食する、腸を空っぽにするなどなど様々なものにデトックス効果があると諸家が主張しています。しかしこんなことをしたところで水銀やヒ素などといった”毒”の蓄積が抑えられるとは考えられません。また老廃物についても、体にはもともと排出する機能が備わっているため、普通に生活していて老廃物が溜まりに溜まるなどということはまずないでしょう。 おそらくは体から毒や老廃物が抜けていくという(現実にはなくても)感覚が「カラダがキレイになった感」へと繋がり、最終的に精神的な「デトックス」になっているのでしょう。それはそれで良いことなのですが、そのために訳の分からないものに高額なお金を払わされるとか、体に良くないサプリや習慣を強いるようなことは避けたいものです。今度デトックスという言葉に行き会ったら、具体的に何がどうなるかをきちんと説明できているかどうか、しっかりと見極めてから手を出すかどうかを考えてください。 そういえば「代謝を上げるために水をたくさん飲んでいる」という話もときどき耳にします。今日も女優さんがラジオで言っていました。確かに高度の脱水や低栄養となれば代謝は低下します。しかしガブガブ水を飲んだからといって代謝が上がるということはありません。余分な水はおしっこになって出ていくというだけの話です。脱水になるよりはマシと言えますが、時として低ナトリウム血症を起こし、パフォーマンスを下げてしまう可能性もあるため飲み過ぎには注意が必要です。水分をたくさん摂ったらダイエットに役立つのではないか、とか、健康になるのでは、と世界でたくさんの研究がされていますが、今のところ華々しい結果は出ていません。残念ながら現時点では、お水をたくさん飲んだら健康に!と言えるほど単純な話にはなっていません。 デトックスとか代謝を良好に保つとかというと、実は運動する、きちんとした食事をする、よく眠るといった生活習慣に勝るものはありません。これをつまらない話だと思うかどうかはさておき、楽して健康にというような美味しい話はそうそうないというのが現実なのです。カレーにケーキにと食べておいて偉そうに言う話でもないですが・・
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME